私は伊豆半島が好きでよく彼と一緒に伊豆にドライブに行くのですが、ここでの魅力はなんといっても他ではない面白いスポットがあるからです。

自然がいっぱいあり車を走らせれば海が見え、美味しい物もたくさんあるのですが、想像のつかないぐらい面白い看板が見えてくるのです。

私達は旅行誌や携帯で情報集めはせず、思いつきのままドライブする為、面白い場所イマイチだった所色々あるのですがどこも笑ってしまうスポットばかりです。

伊豆半島の国道135号線を車で走っているとゴリラの作り物が出迎えてくれます。車からしか見てないのですが、かなり大きくて迫力があります。しかしこの作り物いったい何なのか今でもよくわかりません。周りに動物園は無いですし、観光場所も見当たらず看板が一緒に付いている訳でもありません。一度気になりすぎてネットで調べたのですがイマイチよくわかりませんでした。

そこから少し車を走らせればおもしろ博物館と書かれた博物館の看板が見えてきて入って見る事にしました。看板には懐かしいグッズや不思議アイテムがたくさんと書いてあり、不思議アイテムとは?と思い足を運んだのです。

中にはブリキのおもちゃや昔の民家をモデルにした模型にした物があり確かにレトロな代物がありました。しかし中にはスターウォーズの人形が置かれていたり、アニメ作者のサインがありこれがおもしろグッツなのか?と言う感じでした。
不思議アイテムと言うか懐かしいレトロで尚且つ他では中々見られない面白いグッズが展示されているといった所でした。しかし今まで見た事なかった蓄音機や印籠が見れて楽しかったです。なぜかだるまの置物が飾ってありました。

そのまま西伊豆の方に向かうとまたしても興味をそそる看板を見つけ車を走らせました。そこが地獄極楽巡りという博物館です。死後の世界を見ることができる、今までにないテーマパークで入り口には赤鬼の人形と象の置物が出迎えてくれました。なぜ象なのかはわかりません。

中に入るとラジオを聞きました。レクチャーを受けいざ地獄巡りです。他にお客さんはおらず不気味な雰囲気でした。私はホラーが苦手で、すでに雰囲気にビクビクしながら彼についていきました。

三途の川から始まるのですがリアリティーのあるジオラマが続き、悶え苦しんでいる姿や恐ろしい人形が並んでいました。子供なら泣き叫ぶでしょう。夢に出てきたら嫌だと思えるぐらいクオリティが高かったです。そして閻魔大王様にも会えるんです。迫力があり声をあげてしまいました。あまり期待していなかったのですが出口を出れば笑ってしまいました。本格的だったと。どれだけ手の作りこんだ物を造っているんだと。不気味で印象深い体験でした。

他にもここでは語りきれないほど何これ!?っと思える看板、場所があります。だるま神社と私は呼んでいるんのですが富士見山達磨寺には大きなだるまが祭られています。そしてここでは悩み事とオサラバする為にお皿を投げて割る事ができます。駄洒落なのかもしれませんが初体験の事に悩みをぶつけてお皿を投げつけました。悩み解決と言うよりかはストレス発散でした。

伊豆と一括りにしても広いですが、何も考えずドライブに行けば面白い事間違いなし。あれこれ悩むぐらいなら車を走らせた方がいいです。

もちろん面白スポット以外にも花の時計台や動物園もありますし海も綺麗で恋人同士で行ってみて欲しいです。きっと素敵で珍妙な思い出が作れると思います。

以前、友達と2人でドライブで遠出をしました。目的地は特に決まっていなかったんですが、とりあえずどこか遠くまで行ってみようということで、適当にドライブしました。

ドライブで僕が重要だなぁと思っていることは、音楽です。音楽がよければドライブは本当に最高のものになるなぁと思っています。特に友達同士ならテンションが上がる音楽をかけながらドライブに出かけると、とても楽しい時間を過ごすことができます。

ドライブをしている最中に、いろいろとおもしろそうなところを発見するので、適当に立ち寄ったりするのが楽しいですね。特に僕は道の駅が大好きで、各地で道の駅を発見したらすぐに寄ってしまうのです。道の駅にはその地域で有名な名産品などが売られていたりします。また、名産品を使った食べ物なんかもあるので、いろいろと楽しめますね。

休日はけっこう道の駅は人で混雑します。特に人気の道の駅はかなりの混み具合ビックリします。やっぱりどこに行ってもあるチェーン店よりも、道の駅みたいにその地域ならではのお店が楽しいですね。

また、ドライブをするのにオススメのコースとしては、海岸線沿いです。海の近くを走っているとめちゃくちゃ気持ちいいいです。もちろんこの時も海にマッチする音楽をかけるのがオススメです。今の時期は夏なので、ラテン系の音楽なんかが最高に合いそうですね。ドライブはやっぱりどちらかというと晴天の方がいいですね。晴天の日の海岸線沿いドライブほど気持ちいいコースはないんじゃないでしょうか。

あと1人でのドライブも意外と楽しいと思います。確かに友達と一緒に出かけるドライブの方が話し相手がいるので飽きることも少ないのですが、たまには1人でドライブしてみるのも悪くないですね。普段頭の中で考えていることを整理するためには最適だと思います。

56才で運転免許を取得して以来、ややこしくない道路の運転は私の役目になりました。
夫一人での運転は流石に疲れる年齢になったのか、娘の嫁ぎ先である長野県などへも「お前運転してな」と、積極的に行きたがるようになりました。
私の実家である愛媛県へも車で行きます。もちろん私の運転です。拠点は奈良からです。

奈良から長野、愛媛となると必然的に走るのは高速になります。
楽しみですね。近頃の高速にあるPAやSAの充実していることと言ったらありません。
お土産売店から食堂、建物前で売られている産直野菜や屋台のようなたこ焼き、アイスクリーム等、高速を走る唯一のオアシスです。

免許取得後、初の長野行きは実に面白い旅でした。
何しろ、SAというSAには全部寄って行くという念の入りようでしたから(笑)
私の初運転の緊張をほぐす夫の提案です。

ナビのない我が家の車、道路マップを見ながら、何キロ走れば次のSAに着くかを見ながら、夫のナビで走ります。
もう一つ、夫の大事な役割は高速での合流です。「今行け!」の合図で徐々に加速させた車を本線に合流させます。
高速で一番大変で難しい合流を夫の合図でこなします。
上手く合流出来た時は(大抵平日に走るので混むこともなく、毎回ナンの問題もないのですが)「よしよしソレでいいんや」と夫も満足です。
私は、得意な夫を更に褒め「良いナビが付いているから安心よ」と少々面倒臭い思いで毎回「サンキュウ~」と言って、夫を喜ばせています。

SAでは、毎回前から突っ込む駐車しか出来ない私ですので、出発時のバックも夫の「オーライオーライ」の合図で出て行きます(笑)
これにも毎回笑えるのですが、万が一事故っては大変ですから、素直に聞いています。

SAでの夫の楽しみは、行く先々でご当地のアイスクリームを食べることです。
本当に呆れるくらい、アイスクリームが好きなのです。
ワサビ味、ブドウ味、モモ味、塩味など、良くお腹を壊さないものだと感心するくらい食べるのです。
甘いものが苦手な私は、たこ焼きやイカ焼き等お酒のアテのようなおつまみ系を、夫を横目に食べていますが。
お互い、自分の好きな物で満足したら、さぁ次のSA目指して出発です。

夫の「バックオーライ!」と「今、行け!」合図に乗って・・・