私は伊豆半島が好きでよく彼と一緒に伊豆にドライブに行くのですが、ここでの魅力はなんといっても他ではない面白いスポットがあるからです。

自然がいっぱいあり車を走らせれば海が見え、美味しい物もたくさんあるのですが、想像のつかないぐらい面白い看板が見えてくるのです。

私達は旅行誌や携帯で情報集めはせず、思いつきのままドライブする為、面白い場所イマイチだった所色々あるのですがどこも笑ってしまうスポットばかりです。

伊豆半島の国道135号線を車で走っているとゴリラの作り物が出迎えてくれます。車からしか見てないのですが、かなり大きくて迫力があります。しかしこの作り物いったい何なのか今でもよくわかりません。周りに動物園は無いですし、観光場所も見当たらず看板が一緒に付いている訳でもありません。一度気になりすぎてネットで調べたのですがイマイチよくわかりませんでした。

そこから少し車を走らせればおもしろ博物館と書かれた博物館の看板が見えてきて入って見る事にしました。看板には懐かしいグッズや不思議アイテムがたくさんと書いてあり、不思議アイテムとは?と思い足を運んだのです。

中にはブリキのおもちゃや昔の民家をモデルにした模型にした物があり確かにレトロな代物がありました。しかし中にはスターウォーズの人形が置かれていたり、アニメ作者のサインがありこれがおもしろグッツなのか?と言う感じでした。
不思議アイテムと言うか懐かしいレトロで尚且つ他では中々見られない面白いグッズが展示されているといった所でした。しかし今まで見た事なかった蓄音機や印籠が見れて楽しかったです。なぜかだるまの置物が飾ってありました。

そのまま西伊豆の方に向かうとまたしても興味をそそる看板を見つけ車を走らせました。そこが地獄極楽巡りという博物館です。死後の世界を見ることができる、今までにないテーマパークで入り口には赤鬼の人形と象の置物が出迎えてくれました。なぜ象なのかはわかりません。

中に入るとラジオを聞きました。レクチャーを受けいざ地獄巡りです。他にお客さんはおらず不気味な雰囲気でした。私はホラーが苦手で、すでに雰囲気にビクビクしながら彼についていきました。

三途の川から始まるのですがリアリティーのあるジオラマが続き、悶え苦しんでいる姿や恐ろしい人形が並んでいました。子供なら泣き叫ぶでしょう。夢に出てきたら嫌だと思えるぐらいクオリティが高かったです。そして閻魔大王様にも会えるんです。迫力があり声をあげてしまいました。あまり期待していなかったのですが出口を出れば笑ってしまいました。本格的だったと。どれだけ手の作りこんだ物を造っているんだと。不気味で印象深い体験でした。

他にもここでは語りきれないほど何これ!?っと思える看板、場所があります。だるま神社と私は呼んでいるんのですが富士見山達磨寺には大きなだるまが祭られています。そしてここでは悩み事とオサラバする為にお皿を投げて割る事ができます。駄洒落なのかもしれませんが初体験の事に悩みをぶつけてお皿を投げつけました。悩み解決と言うよりかはストレス発散でした。

伊豆と一括りにしても広いですが、何も考えずドライブに行けば面白い事間違いなし。あれこれ悩むぐらいなら車を走らせた方がいいです。

もちろん面白スポット以外にも花の時計台や動物園もありますし海も綺麗で恋人同士で行ってみて欲しいです。きっと素敵で珍妙な思い出が作れると思います。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする